JavaScript が無効です。有効にしてください。
ななよんのホームページ
トップ > 電子工作 > 鉄道部品制御のすすめ > LUM(メモリタイプ・16ドット)の制御方法

LUM(メモリタイプ・16ドット)の制御方法

最終更新日さいしゅうこうしんび:2023-08-10

 このページでは、車内表示器でよく使われる LED モジュールの1つである、 メモリタイプの LUM(16 ドット品)の制御方法を解説します。

メモリタイプの LUM は、つくばエクスプレスの車内表示器に使われています。

概要

 LUM のメモリタイプは、LED が VRAM を持ち、LED 内部の信号で表示を行うため、低速なマイコンでもちらつきなく制御ができます。ここでは、メモリタイプのうち、縦 16 ドット品の制御方法を解説します。

ピン配置

 ピン番号は、基板上に書かれています。正面(LED がついてる側)から見て右側が入力で、左側が出力です。数珠つなぎにする場合、出力を次のパネルの入力に接続します。

ピン番号 名称 説明
1 SEin メモリ選択制御(詳細後述)
2 A/BBin メモリ選択端子(詳細後述)
3 A3in アドレス入力。
4 A2in
5 A1in
6 A0in
7 GND グラウンド。
8 GRin 緑色データ入力。
9 CLKin クロック信号入力。
10 WEin RAM への書き込み信号。
11 RDin 赤色データ入力。
12 AEin アドレス制御信号。
13 ENBin イネーブル信号入力。H にすると点灯、L にすると消灯

SE と A/BB 信号について

 LED は、ARAM と BRAM の2つのメモリを持っています。それぞれが表示する画面を「A 面」「B 面」と呼ぶこととします。A 面が表示されている間は B 面が書き込みモードになり、B 面が表示されている間は A 面が書き込みモードになります。この A 面と B 面の切り替えを、手動(外部からの信号)で行うか、自動的に切り替えるかを選択するのが SEin です。SEin = H のとき、どちらの RAM を選択するかを決めるのが A/BBin です。H で A 面が書き込みモード、L で B 面が書き込みモードになります。自動で切り替えを行う場合(SEin = L)、15 番地(つまり最下行)の書き込みを終え、アドレスが 0 番地(最上行)に切り変わらないと、画面は切り替わりません。

 この機能をうまく利用することで(イネーブル信号とも併用して)、日本語と英語を交互に切り替えたり、表示を点滅させたり、スクロールをスムーズに行うことができます。


広告

制御の手順

イネーブル信号が L のとき、点灯します。H では、すべて消灯します。

SEin = H

  1. A/BB で書き込む面を指定する。このとき、もう片方の面が表示されてしまうので、ENB を H にしておく。
  2. データを横幅分流し込む。
  3. AE を HIGH にする。
  4. WE を HIGH にする。
  5. WE を LOW にする。
  6. AE を LOW にする。
  7. 縦 16 ドット分繰り返す。
  8. 全ドットのデータを送ったら、A/BB で面を切り替え、ENB を HIGH にする。
  9. これで点灯します。

SEin = L

  1. アドレスを指定する。
  2. データを横幅分流し込む。
  3. AE を HIGH にする。
  4. WE を HIGH にする。
  5. WE を LOW にする。
  6. AE を LOW にする。
  7. 縦 16 ドット分繰り返す。
  8. 全ドットのデータを送ったら、ENB を HIGH にする。
  9. これで点灯します。

戻る

右メニュー

【表示がおかしい・崩れる場合】PC では Shift と F5 を同時押し。スマホではキャッシュを削除してみてください。



とうサイトでは Cookieくっきー使用しようします。くわしくは上記じょうきの「プライバシーポリシー・免責事項等めんせきじこうとう」もご確認かくにんください。



上へ戻る